リモワ サルサエアー80L を7年間使ってみたレビュー!

リモワサルサエアー

これが無くては海外旅行に行けない!!という7年間愛用中のリモワ サルサエアー/RIMOWA SALSA AIRをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

きっかけ

リモワを購入する前は一般的なフレームタイプのガッチリ!しっかり!そして重い!と3拍子揃ったスーツケースを使っていました。

そもそも荷物を入れなくても既に7キロと重いので、帰国時に荷物+お土産を入れるといつも超過料金手前のギリギリで調整し、ヘビーのシールをよく貼られていました。

これから子供たちも大きくなるにつれて、荷物も増えて行くので軽いスーツケースに買い替えようとなり、色々とリサーチ。

せっかく買うなら丈夫で長く使えるものを・・・
スーツケースと言って真っ先に思いついたのが。。。憧れのリモワ♡

シルバーのアルミニウムタイプにも惹かれますが、とにかく軽くしたいので(ちなみに82Lで7.1kgだそう)一番軽いサルサエアーを選びました。

これが7年モノです

年に1、2回の使用で7年なので平均10回使用ぐらいかな。

それなりに傷ついてますが、まだまだ現役バリバリ!
壊れる気配も無く、4輪のホイールもスイスイ廻ります!

容量:80L
一週間程度の滞在向け。
4人家族の我が家はこちらと、サルサ78Lの2つ持ちが基本です。

色:ネイビーブルー
黒に見えますが、ツヤのあるネイビー色です。

重量 3.3kg
今まで持っていたスーツケースの半分!!
フレームタイプと違って軽量なファスナータイプ、ポリカーボネート製で出来てるのでとにかく軽いです!

内装

両面がメッシュのファスナータイプ。

裏地のファスナーを開けてみる。
右はフラットだけど、左はT字のハンドル部分のでっぱりがあります。

ドイツのメーカーですが、カナダで作ってるんですねー

外装

上部にダイヤル式のファスナーロックとTSAロック。
持ち手の傷が歴史を物語ってますね(笑)

ここでちょっとしたトラブル話!!

ダイヤル式なので、鍵を持たず便利なんですがこのダイヤル部分がクセもので・・・
過去に空港で出国の際、荷物を入れようと設定した番号を合わせても開かなくなってしまったのですーーー!!

かーなーりーテンパリましたド━゚(∀)゚━ン

もうパパと母ちゃんは精神が安定しない中、1ケタずつダイヤルを回していったんですよ・・・(ほんの数分の出来事でしたがw)
結果、設定した番号が1つズレてた~(;´༎ຶД༎ຶ`) なんで?なんでなん?

ググってみたらリモワでよくあるトラブルらしく、意図せずロック解除レバーが動いて番号が変わることがあるらしい。

我が家の場合は、設定した番号のまま=解除された状態で家で荷造りした時に変更されたっぽい。

そうならない為にも、設定した番号で空けた後はすぐにダイヤルを回し、解除された状態のままでいない事が一番の対策らしいです!!

まみ
いや~冷静と情熱の間を行ったり来たりしちゃったよ~焦った!

ジョイント部分は皮で”RIMOWA”の文字入り。

左:サルサ  右:サルサエアー

小さいやつですが、本当にいい仕事をしてくれてスイスイ快適ストレスフリー!!
変なゴロゴロ音もしないしねw

左:サルサ  右:サルサエアー

T字ハンドル。(一番伸ばした状態)
とことん軽量化のこだわりが見られますね。
一見頼りないようですが、ホイールがスムーズに動いてくれるのでそこまで苦ではありませんよ~!

でも帰りは荷物が重いので、T字ハンドルだと少し力を入れて引っ張る感じになるので、横の持ち手を使う事が多いです(´∀`∩

デメリット

・荷物が重い時は、T字ハンドルの操作時に少し力がいる。

・ダイヤルのロック解除レバーが意図せず変更されてしまう事がある。

・ホイールにストッパーが無い。
我が家は空港まで電車移動が主なので、縦で持った時に車内で動いちゃうんですよね。
なので常に持ち手で押さえてる感じ。
場所があればホイールの付いてない横向きで置ければ、押さえなくても大丈夫です。

さいごに

とにかく軽さを求めて選んだサルサエアー。

軽いけど、フレームタイプに比べて、ファスナーってやわなんじゃない?っていう最初の不安も吹き飛び、使えば使うほど愛着がわいて7年が経ちました。

大・大・大満足です♡

シンプルな見た目と、自己満足ですがちょっとした優越感。。。(≧з≦)
使ってみて改めて人気を実感してます。

とっても気に入ってしまったので、ついに二代目もお迎えすることにしました!
それはまた次回レビューしたいと思います!